社労士になるための必要な勉強時間

就職活動や自分磨きのために、資格取得を考える方もいらっしゃいますが、そのためにどれほど時間を割けるかが、資格取得を実現とさせる大きなポイントとなってきます。
資格といっても誰でもすぐに取得できるような簡単な資格から、とても超難関の国家資格など、さまざまなものがあります。
もし難易度の高い国家資格などを狙う場合は、やはりそれなりの勉強時間を確保しなければ、資格をとることは難しいとされています。国家資格の中でも超難関とされている社労士は、試験に合格するためには最低でも1000時間以上の勉強が必要と言われています。
出題範囲を絞って勉強をしたとしても、それでも最低限の時間として800時間は必要とされています。時間が自由になる方の場合、一日10時間勉強すれば100日でクリアできるとも考えられますが、専門学生でもない限り、社会保険労務士の勉強ばかりを一日中するというのは非現実的なため、やはり1年近く勉強し続けないといけない方が多いようです。
特に働きながら資格取得を目指している方の場合、仕事がおしてくると勉強がおろそかになってしまうといった点があるため、1年の勉強期間でも厳しいといった方もいらっしゃるようです。
しかし、年を越して試験に挑んだ場合、どうしても気合ややる気がそがれてしまい、ついダラダラ勉強になってしまう方も少なくないようです。こう考えると、社会保険労務士のような難しい資格に挑む場合は、期間をしっかり決めて、学習管理ができなければいけないといったことになります。

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Comments are closed.